クレジットカード現金化に潜む危険性

クレジットカード現金化を利用すれば、スマホやパソコンから簡単に申し込めて、素早く現金を手に入れることができます。急な出費で困っているときは便利ですが、メリットとともにデメリットもあります。

そんなクレジットカード現金化に潜む危険性を、紹介していきます。

膨大な返済額になる

クレジットカード現金化は借金ではなく、業者の指定した商品を買い取ってもらい現金を手に入れます。この際に換金率が関わってきて、実際に手にする現金は購入代金より少なくなります。

換金率によって差し引かれる金額は意外と多く、実質的な金利と変わりありません。借金のように毎月の返済はありませんが、多額の金利を支払ったようなものです。

現金を手に入れたあとは、クレジットカード会社に商品の購入代金を返済していくことになります。ここでも利息が発生するので、返済額は膨れ上がってしまいます。

最初に現金化業者に差し引かれた金額と、クレジットカード会社の利息を合わせると膨大な返済額になります。

消費者金融よりも簡単に現金を入手できますが、返済額はそれ以上になる可能性もあります。

自己破産ができないことも

クレジットカード現金化は審査がないので、他のカードローンで借入れ不可能な人も利用します。そんな人も含めて、借金が返済できなくなったときの最後の手段として、自己破産があります。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、社会的には問題になっています。そんな状況から裁判所で自己破産の手続きを行うと、裁判官の印象は悪くなります。

また、クレジットカード会社では、規約で現金化を禁止していることもあります。規約をしっかり読むことは少ないですが、裁判ではこの点についても焦点になります。

初回の自己破産ならギャンブルなどの浪費でも認められますが、クレジットカード現金化の利用があると認められないこともあります。

多重債務に陥っても、最後の救済手段の自己破産ができなくなる可能性があります。

クレジットカード現金化の利用は慎重に

すぐに現金を必要としているなら、クレジットカード現金化が最も素早い方法です。ただし、メリットとデメリットを十分に理解していないと、さらに苦しい状況になってしまいます。

現金化を利用するときは、その後の返済額を確認しなければいけません。また、利用したことによるデメリットも把握して、慎重な心構えが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*
*